Archive for January, 2010

[#Cloud #クラウド] Webホスティング事業者が続々クラウド事業を発表: 生存のために必要な戦略、という声がむしろ強い

January 31, 2010
Webホスティング事業が続々クラウドサービスの開始を発表している。
従来の事業の延長線上にクラウド上でのアプリケーションのサポート、データ管理をクラウドインフラで安く、スケーラブルに行いたい、というユーザの強いニーズに押されて開始しているケースが多い、という話が良く出てきている。

3つの事例の紹介。

1) Liquid Web
Liquid Web
Storm On DemandというIaaS事業を発表し、Amazon EC2と同等なサービスを展開開始。 GUIがEC2と比較して使いやすい、という点が特長。 また、スケーラビリティの点でサーバの規模をかなり自由に変更できる、という特徴を打ち出している。

2) 1&1 Internet
1&1 Internet AG
ホスティング事業者の大手、1&1 Internet社がDynamic Cloud Serverというサービスを開始、1~4台までの仮想プロセッサを、1~15GBのRAM+100~800GBのメモリを組み合わせて自由にシステム構築が可能になる。 さらに、Windows、Linuxをサポートし、自由にOSを入れ替えることが出来る。 

3) Flexiant
まだ新しい会社であるが、UKの会社で、Flexiscaleというクラウド事業を開始したXCalibreという会社が同社からスピンアウトしてFlexiantと合体した、という経緯がある。 Flexiscaleは欧州で初のクラウド事業として知られている。

何れのベンダーも、クラウド事業は収益の大きい部分を占める、と見ている。 新規ユーザの確保に重要な役割を担うと同時に、クラウド事業者の最もターゲットとしている顧客は、「システム管理を然程必要としないユーザ」、という考え方が共通している模様。 

通常のホスティングサービスの延長線上にクラウド事業を位置づける考え方は割りと新しく、Amazonのような Per-Hour Billingという一時的な使い方、開発Onlyの使い方、Burstingだけの使い方、では無く、長期間クラウドを利用する顧客を狙っている点、ユニークである。  そのため、価格帯も一時間あたりの価格設定ではなく、数ヶ月単位、という従来のWeb Hostingと同じ価格体系を提示している。 

クラウドも定着してくると、一時間当たり、という価格モデルは段々と亡くなってくる様にも感じる。 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] Salesforce.comの2010年は3つの製品リリース

January 31, 2010
Salesforce.comによると、もう既に31代目になる新しいリリースは、次の3つの製品によって構成される。
  1. Sales Cloud 2
  2. Service Cloud 2
  3. Force.com: Spring ’10
尚且つ、今回はGUIが相当変わる、と発表されている。

それぞれの製品概要は次の通り:

  1. Sales Cloud 2
    リアルタイムで見積もり(Quote)を自動作成する機能をサポートする。また、Spring’10と連動し、複数のQuoteをそれぞれのアカウント(Opportunity)に自動的に結びつける事が可能。
  2. Service Cloud 2
    Salesforce Answersという製品と共に、サービス契約の機能がサポートされる。 Salesforce Answersは、顧客との間とのさまざまなコミュニケーションを提供するためのコミュニティを作ることが出来る事と、それを通して顧客サービス機能を強化することが出来る。
  3. Force.com: Spring ’10
    昨年10月に発表された、Adobe Flash Builder for Forceが実装される。 これによって、Flashで開発されたさまざまなクラウド系アプリケーションをForce.comで開発したアプリケーションに搭載することが可能になる。
Salesforce.comが機能エンハンスすると、すぐさまに競合が同様の機能で追いつく、というパターンはどうも定着しているようで、今後他のCRM製品がどの様に反応するかも含めて市場を継続的に見ていく必要がある。 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] マイクロソフトのAzureがいよいよ課金開始

January 30, 2010
2008年に発表された、Azureは、今となっては他のクラウドサービスの後発になってしまうが、Windows開発環境との整合性を売りに、従来Windows開発をOn-Premiseで行っていたユーザ、ISVをターゲットに強い魅力があるのでは、と評価されている。 

価格帯は2種類あり、一つは単純に使った分だけ支払う、というPay As You Go方式、もう一つは、6ヶ月単位で契約すると少し割引が得られる、という方式。 

従来の高マージンOSライセンス事業と比較して、クラウド事業は非常にマージンが薄く、Microsoftとしてはどのような対応をするのか、という事が以前から問われている。  より広いユーザ層を狙う、という単純が回答しか出ていないが、その真意は2月1日の本格ビジネス開始時点ではっきりしてくる、という事。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] クラウドストレージはまだ本格採用には課題が残る、というForresterの調査結果:バックアップが当面メインになるだろう。

January 30, 2010
Forrester Researchの最近のアンケートによると、ストレージSaaSのビジネスが多く登場しているにも関わらず、まだ課題が残っているために本格的な採用には時間がかかる、という市場の声をアンケートを通して拾い上げている。
https://i0.wp.com/www.networkcomputing.com/cloud-computing-chart.png
アンケートの結果、今後12ヶ月間の間にストレージSaaSを採用する、と決めているのは全体のたった3%しかいない。 又、約半数の43%はストレージSaaSに全く興味が無い、と応えている。
実際に領しているユーザに対してどの様な使い方を採用しているか、と聞くと、データのバックアップ、アーカイブ、email、の3つがあがってくる。

懸念している内容を聞くと、
セキュリティに対する懸念: 76%
信頼性: 66%
性能:52%
コスト:40%

ストレージ戦略の本質的なコストはストレージシステムにかかるITコストではなく、管理しているデータが紛失、もしくは盗まれた際に起きうる損害の方に大きな比重があり、そのリスク分析をし、SaaS化する際のコスト削減と比較すると、ペイできない、という判断に行き着くケースが多い、と思われる。 

バックアップのような、比較的単純であまり情報リスクの高くないデータを取り扱うアプリケーションにおいてストレージSaaSの伸びが当面期待される模様である。 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] 最近のクラウド市場での投資活動: 探せばまだ見つかる良質案件、ただし傾向が少し変わってきているのでは=>

January 30, 2010
クラウド関係のVC投資は落ち込んでいる、と言われながら、条件さえ整えばまだ活発な領域があることがジックリ観察していると見えてくる。 

共通項目としては、売り上げがある程度上がっている事と、成長曲線に乗っている、という事。 従来のVCのPre-Revenueを狙った投資ではなく、ある程度成熟したベンダをグローバル化、多様化、また競争激化の中でシェアを守るための戦略として追加投資をする、というパターンである。 

技術的にユニーク性を持っている事も当然重要であるが、あまり突飛なものではなく、Enterpriseの具体的なニーズに合致している事も大きなポイントになると思われる。

CORAID社が$10MのSeries A投資を完了
Scale-Out Storageと称して、従来のiSCSIやFibre Channelと比較して5~8倍の性能を発揮するSANシステムを構築できる技術。 ゲノムリサーチ等の科学技術計算アプリケーションでの採用が多く、世界で1100社顧客があるとの事。 今後こういったアプリケーションをクラウド化する際に活用できる技術として注目されている。
出資者はAllegis Capital、Azure Capital Partners等。

Unidesk社が$12MのSeries B投資を完了
仮想デスクトップベンダーである、Unidesk社はVMWare、Citrix、Microsoft等の複数VM環境上で仮想デスクトップを統合的に構築する機能を提供する数少ないベンダー。
出資者は、Matrix Partners、North Bridge Venture Partnersで、Series Aに引き続き投資。

http://virtualization.com/funding/2010/01/25/unidesk-scores-12-million-in-series-b-round/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+Virtualizationdotcom+(Virtualization.com+-+Your+number+1+virtualization+resource!)

Mimecast社が$21M のSeries B投資を完了
SaaSベースのemailアーカイブ、回復、セキュリティサービスを提供するベンダー。  同社はUKの企業で、大規模なストレージ+eDiscoveryサービス+セキュリティ、という、従来は個別に導入が必要だったアプリケーションを統合的にサービスとして提供する、という点で、欧州で急成長を遂げている。 
現在、グローバルに2500ユーザを持ち、広い範囲の業界をカバーしている。
出資者は、Index Ventures、Dawn Capital。 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] BirSource誌がRackspace CloudとAmazon EC2との性能比較レポート: よく見るとRackspac…

January 30, 2010
BitSourceと呼ばれるオンライン技術情報誌が行ったこの比較、2ヶ月かけて、両社の提供するクラウドサービスを総合的に、特に性能面について行った、という内容。

CPU性能、I/Oスループット、などを対象に、複数のテストケースを5回ずつ、同じ構成の5つのインスタンスに対して行い、これをさらに一週間あけて2回行う、というテスト行っている。 クラウドの個々のアカウントがクラウド全体のワークロードから影響を受けないかどうかを評価するために同じようなテストを繰り返す行うことが理由。  (最近、AmazonがOversubscribeしている、という記事が多く、それを意識していると想定)

クラウドたるもの、どんな時間帯、どんな混みぐあいにおいても同じような性能結果が出るはず、というのが理想像であるが、実際にかなり異なる事が体験的に分かっており、どれだけの差異があるのかを正確に計測することもこの実験の大きな目標であった。 

実験の詳細の内容については記事を読み砕く必要がある。 非常に長い記事であるが、構成的には割りと読みやすい。

総合的には、RackspaceのCloud Serverの方が性能がいい、という結果が出ている。

ただ、このレポートの一番最後に、この実験はRackspace社が主催している、と短く述べている。  果たしてRackspaceに有利になるように操作されているかどうかはさておいて、Amazon Web Serviceサイドの人間がこれを見たら強く反論してくることは必至だろうなと感じる。 

結局、こういう性能比較みたいなレポート、報告書というのはマーケティング要素が非常に強く、あまり正直に信用してはいけない、という事を学ぶ事が出来る事例として評価。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#DataCenter #データセンタ] データセンタ新規建設状況:環境配慮+省電力がやはり共通のテーマ:世界レベルの問題 =>

January 29, 2010
データセンタの重要は世界規模で高まっており、さまざま市場要求を受ける形で建設が進んでいる。
共通している要素としては、やはりCO2排出削減等の環境保護を意識したマーケティングメッセージである。 需要が先行しているとは言え、まだ競争の激しいデータセンタ市場、何らかの特長をアピールしないことにはビジネスとしては成功できない、のが現状のようである。
また、顧客の一部は、他のデータセンタからの移行という形でテナントになるケースもあり、移行をするインセンティブとして環境配慮、電力コストの低減、サービスの質向上などの項目を明確に、そして定量的に打ち出す必要がどうしても出てくる。 
データセンタの要件は、主として電力消費節約が課題としてよくあげられるが、そのほかの環境関連項目として、水資源の有効活用(井戸の利用など)、建設場所の選定(フリークーリングが使えるところ)、等も重要である。 

Peer1社がトロントに自社最大級のデータセンタを開設
総工費$40Mを投じて、約4000平方メートルのデータセンタをカナダToronto市に建設しオープンした。  これは同社にとってToronto市における3つ目のデータセンタ。 このデータセンタはコロケーション、Dedicated Hosting(顧客占有のシステム上でのホスティング)、Managed Hosting(仮想環境上で複数テナントをホスティング)の3つのサービスを一箇所で行う最初のサイト、との事。
データセンタの建設状況を撮影したビデオも公開されており、サイトはここ:
PODは4基、それぞれ270キャビネット、7500台のサーバが設置可能。
最新式の水冷空調施設を採用し、地下水を中心に水を導入する。
さらに可変スピードのファンを利用したエコノマイザーも導入しており、カナダの涼しい気候のメリットを活かしている。 

NSA(National Security Agency)がUtah州に建設予定の大型データセンタの計画を発表、入札開始
NSAのUtah州にあるGathering Centerと呼ばれる施設に建設するデータセンタの入札が公開された。
去年の7月に発表されたこの計画、35MW級のデータセンタ2つが予定されており、総工費$1.7B、という巨額の投資が3つのフェーズに分けられて行われる。
セキュリティ性の高いこのデータセンタ、上水、下水、バックアップ電力、すべてにおいて、自給出来る施設が作られる。 特にテロリスト対策として、近隣にある200エーカーのNational Guard(国家警備隊)の施設によって守られる。
入札の締め切りは2/18。

http://www.thewhir.com/web-hosting-news/012610_NSA_Takes_Construction_Bids_for_16B_Utah_Data_Center?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+thewhir+(theWhir.com+-+Daily+Web+Hosting+News)

SunGard社がCA州、サクラメント市にデータセンタを開設
サクラメント市に約6900平方メートルのデータセンタの開設が発表された。 地理的にサクラメントはサンフランシスコの郊外にあたり、サンフランシスコ市内の主として金融事業者のバックアップセンターとしての位置づけを目的としている。
総電力は6MWで、9つの光ケーブルプロバイダーをサポートできる構造。
SunGardはマネージドサービス主体の事業で成功しており、現在35箇所のデータセンタを運営している。

Tieto社がフィンランドのEspoo市というところにデータセンタを建設
ヨーロッパ30カ国に拠点をもつTieto社が、フィンランドにデータセンタを開設。 規模は320平方メートル、と比較的規模は小さいが、PUEが1.2〜1.3を達成している、という点が興味深い。 同社はスエーデン、ロシアなどの北欧地位に同様に省電力型のデータセンタを建設しており、ヨーロッパ北部の気候がデータセンタに合っている、という事が業界でも認知されていることが分かる。

Telecity Group社がパリにデータセンタを開設
去年5月に建設が発表されたこのデータセンタ、約1100平方メートルの敷地面積に6.4MWの電力供給を可能とする。 総工費約$67Mが投じられ、Telecity社にとって23軒目のデータセンタになる。 
フリークーリングの採用、屋根を白く塗るなど、省電力に努め、年間2800万kWhの節約、CO2に換算すると2500トンの削減を達成できる、との事。
余剰熱は、隣に建設される”Climate Change Arboretum” に供給される。  この施設は、2050に予測される地球温暖化の影響を受けたパリ市内のシミュレーションを展示する、との事。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] 最近の仮想化/クラウド市場の動き: 新しいクラウドビジネスはCisco/VMWare/EMC/NetAppを軸としたものが目立つ

January 29, 2010
Cisco/EMC/VMWare/NetAppの協業が発表されてしばらく経つが、具体的にこの連携を採用したクラウドビジネスが登場し始めている。  協業の4社はクラウド事業の前面で立たずに、インフラを提供するシステム業者としてのスタンスを明確にしていることが分析できる。 

Ciscoが、IaaS事業を開始。
VMWare/EMCとのアライアンス、さらにNetApp社との戦略的提携の一環と思われるこの発表、Cisco社が自社のIaaSサービスの提供開始する。 当然ながらアーキテクチャはCiscoのハードウェアに加え、EMC社のストレージでバイス、VMWareのvSphere 4.0ベースの仮想化プラットホームによって構成される。  AT&TやVerizon等のテレコム事業者や、Ingram Micro、Techdata等の大型IT系の代理店業者などもこのモデルをクラウドのみならず、ホスティングサービス全体に採用している。
Cisco_IaaS
対象となる顧客層はエンドユーザではなく、サービスプロバイダーである、という点に注目。 Cisco自身がAmazonと直接対抗するのではなく、Amazonに対抗するクラウドプロバイダーにOEM的なサービス提供をする、というビジネスモデルである。  このモデルは北米ではAT&T等のテレコム業者や、

新興企業、Pancetera社がクラウドストレージ管理の事業を開始
2009年に創業したばかりのベンダであるが、Hummer Winblad Ventures、ONSET Ventures等、著名なVCから投資を受け、マネジメントに元Thinstall(VMWareに買収)CEO、元DataDomain(EMCに買収)の幹部等、業界の見識者を確保したことが話題を集めている。 特徴としているのは、VMのストレージ管理技術であり、VMを一つのシステムと見た場合にストレージのバックアップ、回復などのソリューションを提供するものらしい。  Quest/Visioncore社、Veeam社等と競合する技術と思われるが、VMWareとの強い連携がビジネス面で有利になることも想定される。

http://www.virtualization.info/2010/01/pancetera-to-enter-virtualization.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+Virtualization_info+(virtualization.info)

USのITソリューションベンダー、Logicalis社がエンタプライズクラウドサービスを発足
Cooperative Enterprise Cloud Serviceと称するこの新しいビジネス、CiscoUCS/NetAppをベースとしたアーキテクチャ上で稼動するハイブリッドクラウドサービスである。  BeSpoke On-Site Cloud Serviceと呼ばれるプライベートクラウドサービスに加え、このCooperative Enterprise Cloud Serviceと呼ばれるパブリッククラウドが共通のアーキテクチャを通して、アプリケーション連携、データ連携を保証する、という内容。 ちなみにLogicalis社はUKに本社を置く企業。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] Oracleは、Sunの進めていたクラウド事業を中断する、と宣言: Amazon Web Service対抗事業はなし

January 28, 2010
昨日、Oracle社のSun Microsystems買収作業が完了したことを記者会見した際に、Oracle社のChief Corporate ArchitectであるEdward Screven氏が発表した事。

SunはAmazon Web Servicesに対抗するIaaS事業を立ち上げ、新興企業をターゲットとしたクラウド事業を進めようとしていたが、この事業はOracleの「クラウドを運営するのではなく、クラウドを作る技術を提供する」、というビジネス戦略に沿って、中止に追い込まれた、という状況。

CEOのLarry Ellison氏は従来よりクラウドを”Hype”である、と明言し、自社の事業としてはクラウドは採用する意思は無いことをかなり明確にしている。 一方では、自社のデータベースシステムを特定の顧客に対してホスティングサービスとして提供する事業は行っており、プライベートクラウド的なサービス事業は提供している。 

SunはこのAmazon的なクラウド事業において、Linux、Windows、Solarisの3種のOSを、Sun Sparcベースのハードウェアシステムで稼動し、ZFSやCrossbowなどのオープンソースなどでファイル管理や仮想化管理を行う、と表明していた。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

[#Cloud #クラウド] VMwareが次の買収戦略としてはミドルウェアを狙う、と表明=>

January 28, 2010
VMWareのQ4/2010の発表の場での発言によると、同社は今後の買収戦略として、過去に買収したオープンソース系のアプリケーション開発ツール、Springsource社の技術とvSphereの仮想化レイヤーを結びつけるMiddleware製品を狙う、と表明。

下記がCEO、Paul Maritz氏の回答:
Answer from Paul A. Maritz
We think there’s an opportunity to have new middle ware offerings that essentially embody the SpringSource development model at the top end and which bind to the vSphere deployment and resource scheduling model at the bottom end. So, what you’re missing today is sort of the layer of middle ware in between that will glue those two things together and that’s what’s coming down the pike.

具体的には、PaaS事業につなげるために必要なクラウドアプリケーション開発ツール、他のクラウドとの連携技術、などを狙っているのでは、と分析。  そうだとすると、おのずとターゲット企業の絞込みが出来ると思われる。  特にオープンソース系のベンダーでビジネスアプリケーションでの実績があるところに着目するとかなり絞り込まれる。 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database