[#SmartGrid #スマートグリッド] FCCが電力業界にテレコムのネットワークを使いなさい、と指導:独自ネットワークによるコスト増大に懸念 =>

政府団体である、FCC(Federal Communications Commission)がスマートグリッドにおいて、テレコム業界の提供するブロードバンドを使用すべき、と指導をすることを発表した。

具体的には次の3つの項目が協調される。
1) オープンスタンダードとコマーシャルネットワークの推奨
2) 電力会社が顧客に対してどの様にスマートグリッドで収集したデータをリアルタイム、且つオープンに提供できるか
3) 政府が規定する公開周波数を使ってスマートグリッドに関する情報を提供する方法

これは、多くの電力会社がスマートグリッドを実装する際に独自のネットワークを構築する必要がある、と表明している事を受けての活動。  FCCが懸念しているのは、既存のインフラが市場に展開されているのに関わらず、独自のネットワークを作ることによって、最終的にコンシューマにそのコストが転換されるのでは、という問題である。

主要テレコム企業はこれを歓迎し、既にどの様なインタフェースを公開すべきか、動き始めている、と表明している。 Sprint社は100社のユーティリティ企業とWIMAXをベースにしたネットワーク構築を検討している、と発表している。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: