[#Cloud #クラウド] Oracleは、Sunの進めていたクラウド事業を中断する、と宣言: Amazon Web Service対抗事業はなし

昨日、Oracle社のSun Microsystems買収作業が完了したことを記者会見した際に、Oracle社のChief Corporate ArchitectであるEdward Screven氏が発表した事。

SunはAmazon Web Servicesに対抗するIaaS事業を立ち上げ、新興企業をターゲットとしたクラウド事業を進めようとしていたが、この事業はOracleの「クラウドを運営するのではなく、クラウドを作る技術を提供する」、というビジネス戦略に沿って、中止に追い込まれた、という状況。

CEOのLarry Ellison氏は従来よりクラウドを”Hype”である、と明言し、自社の事業としてはクラウドは採用する意思は無いことをかなり明確にしている。 一方では、自社のデータベースシステムを特定の顧客に対してホスティングサービスとして提供する事業は行っており、プライベートクラウド的なサービス事業は提供している。 

SunはこのAmazon的なクラウド事業において、Linux、Windows、Solarisの3種のOSを、Sun Sparcベースのハードウェアシステムで稼動し、ZFSやCrossbowなどのオープンソースなどでファイル管理や仮想化管理を行う、と表明していた。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: