[#Cloud #クラウド] Facebookの新規データセンタ、実は火力発電所の電力を利用:クリーン(CO2削減)よりグリーン(お金)を選んだ背景=>

豊かな水資源を活用した水力発電所の数が、全電力生産量の6割を占めるオレゴン州にデータセンタを最近建設したFacebook社、実のところ、利用する電力の供給は、火力発電所から受けている、という事が明らかになった。 

水力発電所の電力供給は主として、Bonneville Power Administration(BPA)社が行っているが、Facebookが建設しているデータセンタの地域は、Pacific Power社という、別の会社が管理しており、僅かな%をBPAより電力供給を受けながらも、主力供給源は石炭を燃やす火力発電所である、という事をSearchDataCenter誌が発見。 
“While Pacific Power gets some hydropower from BPA, its primary power-generation fuel is coal, according to Jason Carr, the manager of the Prineville office of economic development for Central Oregon.”

また、BPA社は、自社のCO2 Cap & Tradeの関連で必要になるコストをカバーするために、複数段階をもった電力料金体系へ踏み切る、と発表している。

It turns out the BPA will soon be implementing a tiered pricing system in which new customers will pay a higher rate to offset the costs of non-hydro generation the BPA will purchase to meet growing demand.


恐らく、このコスト上昇を懸念して、上昇しながらもより価格が安定している火力発電所ベースの電力料金体系を選択した、というのがFacebookの内部での判断だったのではないか、と指摘している。

オレゴン州にデータセンタを建設する、というのは最近ではグリーン戦略としては非常に良いイメージを獲得できる、という点ではマーケティング戦略として使われるケースが多いようだが、実際には、グリーンでなければいけない、という企業の大方針が大きくそびえる中、コストとのジレンマに攻め悩まされる現実に直面するFacebookの姿は、他の企業にも同様にのしかかる課題として考える必要がある、と思う。 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: