[#SmartGrid #スマートグリッド] Ciscoが米FCCに対して、ブロードバンドをスマートグリッドで活用するべき、と提言:「すべき事」「すべきで…

以前にもレポートしたが、米国FCCが3/17に米国議会に対して、全国のブロードバンドネットワークがどの様にスマートグリッドに対して寄与すべきか、と提言する計画になっている。 

これに先立ち、CiscoがFCCに対して、この提言に対するコメントを寄せており、その内容が非常に興味深いため、下記の記事にて紹介されている。

簡単に要約すると、次のようなことを主張している。
  • 「すべきこと」
    • ブロードバンドをスマートグリッドに積極的に採用すべき
    • 顧客が電力消費を節約することに対するインセンティブを電力会社に対して示すこと
  • 「すべきで無いこと」
    • スマグリ専用の周波数大域の新規設定をプロモートする
    • 900MHzのように自由に使える周波数大域での混線の問題を過剰に懸念すること

具体的には、次の5つの提言を行っている。

1). Broadband Smart Grid:

ブロードバンドが提供する高速で安定した通信回線は、スマートグリッドにとって必須の技術インフラである。
“not only will the new smart grid largely depend upon broadband technologies, but the extension of broadband to all end users is critical to delivering on the power and promise of a broadband-enabled electric system. We will not be able to achieve the full effect of a smart grid without a robust broadband network that connects the supply side with the demand side of the electric industry ubiquitously.”

現在の電力会社の運用する通信回線は非常に遅く、場所によっては256B/秒という低速度で現実的に使用不可能である。
That’s a huge contrast to the jaw-droppingly awful crawling speeds of current utility networks which Cisco says “generally transmit only 256 bytes of data and can operate with a latency approaching two seconds.”

2). More Spectrum for Utilities? Meh:

いくつかの電力会社はスマートグリッド専用の周波数大域の設定を要求している。 Ciscoの主張は、現在使用しているブロードバンド向けの周波数大域で十分にスマートグリッドの要求している今日、及び未来の性能を提供できる、との事。
Cisco says “it appears that advanced wireless technology platforms available today or in the near future are likely to have sufficient bandwidth and quality-of-service to support evolving smart grid needs for the foreseeable future. Thus, additional spectrum is not needed to deploy technology that is unique or specific to smart grid applications, per se.”

3). Interference Concerns Misplaced:

802.11のように自由に利用できるように設定してある周波数大域にスマートグリッドの通信を載せる事に懸念を示す企業が存在する。 問題指摘は、この大域は混線の懸念が大きく、スマートグリッドにはリスクが高い、という内容。

Ciscoはこの指摘に反論し、802.11のようなプロトコルは通信に何らかの障害が起きた場合でも修復、再送信などの機能で対応が十分出来ている、と述べている。
“In Cisco’s view, interference concerns are misplaced. The 802.11 [WiFi] standard is a ‘contention-based’ protocol, which means that, if packets are missed as a result of simultaneous use of a channel by different devices, they are simply requested by the receiving device and re-sent. Thus, an increase in simultaneous users does not fundamentally affect the reliability of the data transfer.”

4). Look to the IT Industry for Smart Grid Security:

スマートグリッドに対するセキュリティの懸念が大きいのは現実。 であるからこそ、IPプロトコル上でセキュリティを強化するためのアプリケーションを開発、運用しているIT企業にそのソリューションを求めるべき、とCiscoは主張(要はCiscoから買え、ということか)

5). There’s Still A Regulatory Incentive Problem:

国から数千億規模の助成金や、NISTの積極的な標準化活動があったとしても、抜本的に電力会社が本来主事業としている電力の販売を縮小するプロジェクト(節電全般)に参画する事自体に矛盾があると指摘。  この対策として、Department of Energy(エネルギー省)やEPA(Environmental Protection Agency)などが、各電力会社が実施しているスマートグリッド導入におけるコスト回収の成功事例の積極的な調査、紹介が重要である、と提案。
“The real work of deploying a smart grid will come from ‘smart regulation’ and even ‘smarter deregulation’ by state utility commissions.”

http://earth2tech.com/2010/02/02/cisco-to-fcc-5-suggestions-for-the-smart-grid/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+OmMalik+%28GigaOM%29

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: