[#Cloud #クラウド] イギリス政府のクラウド:G-Cloud呼ばれるクラウド構想、3.2Bポンドの予算削減が目標

イギリス政府内も膨大なITコストを削減するための戦略として、1月にクラウド技術を採用する発表を行っている。 Government ICT Strategyと称する戦略の一部として、G-Cloud構想が位置づけられ、2014年までに総額、3.2Bポンドの予算削減を実現する、と宣言している。
構想のスケジュールとして、2月に基本デザインを完了し、2010年内に政府内の部門の数箇所が実際に採用を開始、システムは2013年までにフル稼働することが発表されている。
現在、政府内では10,000個のソフトウェアパッケージが利用されており、これらをすべてクラウド化することにより、削減、さらに、750箇所の公共団体が利用している130箇所のデータセンタを集約、事実上12箇所までに削減できる事が述べられている。 
ソフトウェアベンダにとって、政府向けにソフトウェアやサービスをライセンスする方式が大きく変わる事を意味しており、これから広く議論される事が想定される。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: