[#Cloud #クラウド] Cisco、NetApp、VMWare社が共同で最適化されたシステム構築コンサルを24時間サポートで提供:プライベートクラウ…

Cisco、NetApp、VMWare社のパートナーシップ強化、アーキテクチャの拡張

3社は、Secure Multi-Tenancy Architectureと称して、仮想化環境を進めるデータセンタ向けにインフラとアプリケーションをテナント毎に明確に分離できる仮想環境アーキテクチャを発表した。  さらに、顧客ニーズはサポートの厚さに集中している、と認識し、24時間体制のサポートサービスを3社が共同で提供する事としている。  

このアーキテクチャは、次の製品がベースになっている。
  • Cisco Nexus Series Switches
  • Cisco® Unified Computing System
  • NetApp FAS storage with MultiStore
  • VMware vSphere and vShield Zones
この製品の組み合わせによるアーキテクチャは3社の間でテストが行われており、稼動の保証だけではなく、性能やセキュリティの最適化などの保証もされている点で優位といえる。 

クラウド環境は何せ複数のベンダの技術を組み合わせることによって成立するため、最適化されたシステムを構築するのは、多くの経験と時間が必要になる。 パブリッククラウドの場合は問題にならないが、プライベートクラウドの場合はのこのノウハウを如何に導入するかが課題となっており、こういった複数企業のコラボレーションによるサービスの意味が出てくる、と思われる。 

当然、価格を維持するための戦略として有効になる、という事も十分に想定可能。

http://virtualization.com/featured/2010/01/28/cisco-netapp-and-vmware-expand-collaboration/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Virtualizationdotcom+%28Virtualization.com+-+Your+number+1+virtualization+resource%21%29
http://virtualization.sys-con.com/node/1265105?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: