[#SmartGrid #スマートグリッド] エネルギー管理システムと、スマートメータベンダーの協業が続々発表: 協業による広大なネットワーク管理インフラ…

スマートグリッド市場において、だんだんとConsolidationの動きが出始めてきている。  技術中心の業界からビジネスを中心とした業界モデルに移るときに、業界内でのベンダの力関係がこういった動きを見せる。  まずは、協業、戦略的提携、という形の動きが多くなり、だんだんと買収、等の動きへと発展する。 

 

下記がここ数日に発表された協業の案件;

 

Tendril社とLandis+Gyr社がパートナーシップを発表

Tendrill社は既に自社のエネルギー管理システム製品(サーモスタット、エネルギー管理ソフトウェア、等)をLandis+Gyr社のスマートメータと連携しているが、今回の発表で、両社の統合ソリューションを積極的に拡販する協業契約を締結した。 

Landis+Gyr社は2009年に既に400万台のメータを出荷している実績を持っており、Tendrill社にとっては大きな市場の可能性が広がることになる。 

http://www.tmcnet.com/usubmit/2010/03/22/4684318.htm

 

 

Itron社とTropos社がパートナーシップを発表

スマートメータのメーカーである、Itron社と、IPメッシュネットワーク技術のTropos Network社が共同開発を含めた協業の契約を交わした。 

Tropos Network社は、GridComと呼ばれる、802.11ベースのワイヤレスメッシュネットワークを構築するための各種ルーターと管理ソフトウェアを開発しており、Itron社のAMIとの間では450/900Mhzの無線通信、ユーテリティ事業者との間のEthernet通信組み合わせることにより、広大なネットワークの構築が可能になる。 

http://www.marketwatch.com/story/itron-and-tropos-partner-to-strengthen-smart-grid-communications-2010-03-22?reflink=MW_news_stmp

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: