[#SmartGrid #スマートグリッド] スマートグリッドのワイヤレス規格の競合状況に変化

スマートグリッド向けのHANHome Area Network)の規格標準化に向けて、ワイヤレス技術の標準化団体である、ZigBee AllianceWi-Fi Allianceが協業の契約書を交わした。 

 

下記がプレスリリース。

http://www.prnewswire.com/news-releases/zigbee-and-wi-fi-alliances-to-collaborate-on-smart-grid-wireless-networking-88158977.html

 

当面のコラボレーションの主題は、ZigBee Smart Energy 2.0と呼ばれる、スマートグリッド実装の家庭向けのエネルギー管理プロトコルをWi-Fi上に実装する仕様と技術の開発である。 

 

両仕様は、スマートグリッド市場においては競合関係が続いていて、低電力消費のZigBeeと、データ転送容量の大きいWi-Fiとではそれぞれの特長をもって競い合っていた。 

 

Cellularネットワークもこの競合の中に参画していたが、この協業によって、HANでの採用の可能性が低くなってきている。 

 

ZigBee Smart Energy 2.0は、昨年、HANデバイス向けの標準仕様として、US Department of EnergyNISTに採用されている。  特にNISTは標準規格を増発するのでは無く、できるだけ少なくしたい、という意向を明らかにしている。  それゆえ、この協業は両仕様にとって大きな力になる、と想定されている。 

 

相対する、Z-Wave陣営、Bluetooth陣営の動向が気になるところである。 

 

Smart grid protocol will ride Wi-Fi at home
ZigBee and Wi-Fi join forces for smart grid  Rethink Wireless
ZigBee to Run Over Wi-Fi, Too  PC Magazine
ZigBee, Wi-Fi join forces to kick home energy management up a notch VentureBeat

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: