[#SmartGrid #スマートグリッド] テキサス州の電力会社、Oncor社がとうとう市民から集団訴訟を受ける:スマートメータを導入したら電力料金が高…

テキサス州でのスマートグリッドの実証試験を通して、スマートメータが設置された家庭で、電気料金が急激に高くなった、という問題が以前から話題になっていたが、とうとう集団訴訟が先週の金曜日に起き、裁判問題に発展し始めた。

 

訴訟を起こされたのは、テキサス州の電力事業者、Oncor社で、現在、テキサス州内に約82,000台のスマートメータを既に設置済み、との事。 

 

以前は$400~$700程度だった電気料金が、スマートメータ導入後、$1,800 に急激に上がった、と説明している。

Oncorはこの苦情に対して、非常に寒い冬だった、と説明。 価格の正当性を主張。

 

実際の訴訟内容は次のリンクで参照可能。

http://www.greentechmedia.com/images/wysiwyg/News/CALOncor.pdf

問題は、電気料金の高騰だけではなく、この大量のスマートメータが平均所得の低い地域に集中的に導入されている、という事も指摘しており、訴訟の本文にかなり細かく説明されている。

 

Oncorは、古いメータと今回の新しいスマートメータとの比較をあらためて行っており、スマートメータに問題が無いことを証明しようとしている。 

 

本質的な問題は、スマートメータの導入と同時に、Time Of User価格制度、と呼ぶ、夜間割引制度を導入している点にある、と指摘している。  この新しい料金体系について十分に説明を指定ない、というのがどうも議論の対象になるのでは、と想像する。  特に夜間料金の割引と同時にピーク時の料金引き上げを行っているのが上記の料金高騰の原因ではないか、という指摘である。

http://www.greentechmedia.com/articles/read/oncor-sued-for-fraud-over-smart-meters/

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: