[#Cloud #クラウド] IBMとVerizonが組んで、企業向けのデータバックアップサービスを開始: 昔ながらのテープバックアップ事業を置き換える狙い

IBMがバックアップインフラの提供を行うかたわら、Verizonがデータ転送の通信インフラを提供する、という仕組み。 

 

Verizonは複数のプライベートネットワークを提供しており、顧客は、Private-IPMPLS)、EthernetSonat Optical Ringから選択できるようにメニューを構成する。

 

このサービスは、Managed Data Vaultと呼ばれ、Verizonの主要顧客である、金融、リテール、医療関連の企業を対象としており、各社が抱える大量のデータベース等のデータを自動的にバックアップするサービスとして両社が拡販する。   

 

企業のデータをテープでバックアップを取り、トラックでオフサイトの倉庫に運ぶサービスをより高速で信頼性の高いサービスに置換えよう、というのがセールスポイント。

 

SaaS事業をIT企業とテレコム企業が組んで提供するパターンとして、こういったデータバックアップサービスが今後も多く定着しそうな気配である。  ITベンダーの顧客、テレコムの顧客の両方の顧客層に販売できる利点と、両社の企業のブランド力がSaaSの導入に難色を示す企業にとってその懸念を晴らす要素になるのでは、という期待もある。  

http://cloudcomputing.sys-con.com/node/1342355

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: