[#SmartGrid #スマートグリッド] 水資源のスマートグリッドに注目している企業: イスラエルのTaKaDu社

IsraelのTaKaDuというスタートアップが世界的な問題になりつつある水不足問題に対
応するために、水供給インフラのスマートグリッド化を狙ったシステムを開発。

同社はSaaSモデルを採用し、既存の水量計測メータから情報を収集し、これに天候状
況や、GISデータ、他のデータを組み合わせて、グリッド上での水資源の効率よい配
分戦略を立てるための分析を支援を行うソフトウェアサービスを提供する。

同社は世界中に事業展開をしており、IBMやSchneider Electric社等、パートナーを
通してソリューションを構築している。

ちなみに、北米の水グリッドは老朽化が大きな問題となっており、パイプの破裂等で
毎日、約60億ガロンの水を無駄にしている、とEPAで報告されている。 パイプの破
裂は、1000マイル毎に、年間数百箇所も起きている、という深刻な問題。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: