[#SmartGrid #スマートグリッド] スマートメータの半数はHANをサポートする、というPike Researchの予測: 特にUSでの伸びが顕著…

Pike Research社の調査によると、スマートメータ業界でのHAN(Home Area Network)
のサポート率がますます向上し、2013年には世界のスマートメータ全体の49%、特に
米国でのスマートメータの出荷数の81%を占める、という予測を出している。

当初は電力消費の正確な把握のために位置づけられていたスマートメータ、という印
象が強かったが、シニアアナリストである、Bob Gohn氏によると、今後普及が広がる
スマートサーモスタット、エネルギー消費を表示する様々なデバイス、スマートアプ
ライアンス、等のホームエネルギー管理向けのツールと接続出来る事が重要な要件に
なる、と述べている。
"HAN connectivity is a key enabler of a whole host of new consumer smart
grid applications," says senior analyst Bob Gohn. "Over the next few
years, the technology will be in place for widespread adoption of smart
thermostats, energy information displays, smart appliances, and other key
tools for home energy management."

HANに幾つかの規格があり、特にZigBee規格が全体市場の87%を占めるだろうと予測さ
れている。 ZigBee意外には、その他のRF技術や、PLC(Power Line Communication)の
技術が採用される、としている。

HANが採用されない、単なるメータの延長でしか無いメータが2013年にはまだ51%も残
る、というのが逆に気になる。 スマートメータが単なる電力消費量を収集するため
のデバイスにしか使われない、という事であり、これでは、スマートグリッドとは言
えないのでは、という事。 電力業者主体でプロジェクトが進んでいることが大きな
要因なのでは、という指摘もある。

http://www.pikeresearch.com/newsroom/49-of-smart-meters-to-include-home-area
-networking-connectivity-by-2013

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: