[#SmartGrid #スマートグリッド] 蓄電技術様々: 変り種 砂利 と 塩 =>いづれも熱エネルギーを貯蔵する技術として注目

砂利による熱エネルギー貯蔵
UK企業であるIsentropic社が川原に転がる砂利を利用した蓄熱技術を開発し、バッテ
リーとしての製品化を進めている。 巨大なコンテナに砂利を詰め、500度C°まで加
熱、加圧し、熱エネルギーとして貯蔵する、という仕掛け。
揚水発電施設と比較して、1/300の場所で済むこと、$55/kWhという価格面での魅力
が特長とされている。
http://www.energymatters.com.au/index.php?main_page=news_article&article_id=
859

塩による熱エネルギー貯蔵
光サーマル発電施設で採用されている技術で、Solar Receive社が代表的な企業とし
て知られている。 塩は、500度C°まで熱せられると、液化し、特殊なタンクに貯蔵
される。
http://www.energymatters.com.au/index.php?main_page=news_article&article_id=
263

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: