[#SmartGrid #スマートグリッド] Google, Microsoft社、両社のスマートグリッドに対する戦略をコンファレンスで表明:ビジネスモデ…

San Franciscoで開催されている、GreenNet 2010というイベントに於いて、GoogleとMicrosoftの両社がそれぞれのホームエネルギー管理ソリューションの戦略についてパネルディスカッションを行った。

Google社、Program Manager in Advanced Projects、Edward Lu氏
自社が展開しているWebベースの電力消費管理ツールである、PowerMeterを利用して事業収益をあげよう、という意思は今のところは無い。

Googleは、コンシューマに対してデータアクセスを提供することで成長してきた企業であり、エネルギーというのはその広義の意味でのデータという範疇に含まれる。
事業提携は、主としてユーティリティ企業と組んでおり、現在は10社発表しているが、実際に関係を持っているのはもっと多い、との事。

Microsoft社、Product Unit Manage for Microsoft Hohm, Troy Batterberry氏
Microsoft社は様々なスマートメータデバイスメーカや、自動車メーカと積極的にパートナーシップを組んでいる。 今年はFord Motors社と提携を組み、EVの効率的な充電方式について研究をしている。

Hohmのユニークな特長は、コンシューマの自宅で消費する電力を詳細に計測するだけではなく、他の同じような世帯での電力消費状況のデータをも提供し、比較することによって電力節約のアイディア等を導き出すようなインテリジェンスを持っていること。

パネルディスカッションのビデオ収録は下記のリンクにて再生。

http://earth2tech.com/2010/04/29/greennet-microsoft-google-lay-out-home-metering-plans/

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: