[#SmartGrid #スマートグリッド] Googleの代替エネルギー事業への投資: 今度は風力発電: ユーティリティ事業者と距離を置く独自の路線に注目

Google社の代替エネルギー事業への投資がますます活発化している。
今週の月曜日にはNorth Dakota州のNextra Energy Resources社が進める169MW規模の風力発電プロジェクトに対して$38Mの投資を行う事を発表した。

Google社は代替エネルギー関係の投資は従来より多方面で行われているが、今回はGoogle本体が投資を行い、従来のGoogle.orgからの投資ではない、という点が特徴である。

google.orgが過去に行った投資は下記の通り。
◦ ソーラーサーマル技術を持つ、eSolar社
◦ 同技術を持つ、BrightSource社
http://googleblog.blogspot.com/2008/05/googleorg-announces-investment-in.html
◦ 地熱発電技術をもつ会社、AltaRock社
◦ 高緯度でに風力発電技術を持つ会社、Makani社
◦自社独自のソーラーサーマル発電向けの鏡を開発
http://earth2tech.com/2009/09/09/googles-solar-mirrors-if-you-want-something-done-right-do-it-yourself/

Googleはさらに、自社事業としてエネルギーを取り扱うビジネスモデルに着手し始めており、今年の2月にはFERC(Federal Energy Regulatory Commission)から、電力卸売市場に対して電力を販売するすることができるライセンスを取得したばかりである。

スマートグリッド市場においては、自社のホームエネルギー管理ソフトウェアサービスであるPowerMeterを提供している。

PowerMeterの展開はスマートメータベンダーとの協業が積極的に行われているが、それ以外の活動は電力会社やデマンドレスポンス企業等との関係を持たずに進められている事が特徴的である。

IT企業とユーティリティ企業との間の関係に距離がおかれている状況は当面続く事が想定される。

http://feedproxy.google.com/~r/earth2tech/~3/ZMqPutbS2Os/

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: