[#Cloud #クラウド] Check out this article

Rackspace Hosting社が2010/1Qの財務報告で、10万社の顧客を達成した、と発表した。
同社は、クラウドコンピューティングのみならず、ホスティング事業としてのビジネスも推進しており、両方の事業を並行に提供するベンダーとして、AmazonやGoogleと一線を引いている。


上記の図は、同社の顧客の伸び率を示す表。

顧客のがクラウドサービスを利用している、と報告されており、従来の補スティング事業から大きくビジネスが変化している事がわかる。

しかしながら、クラウド事業の売上は昨年の$17.1Mから$19.3Mに伸びている一方、ホスティング事業は$152.36Mから$7.14M伸びて$159.5Mを達成している。
つまり、ホスティング事業は顧客数の伸びの1%程度しか寄与してないにかかわらず、売上面では77%の伸びを達成している為、まだまだRackspace Hosting社にとってはレガシーのホスティング事業は重要な収益源である事も事実。

顧客数ではクラウド事業の伸びは非常に顕著であり、今後もその傾向は進むものと考えられる。ただ、IaaS事業だけでの売上では成長のスピードに限界が出てくることが想定され、さらにクラウドの上の層の事業として、PaaS、SaaS事業にも参入する必要性が出てくるのでは無いか、予想する。

これはRackspaceのみならず、Amazon、Teremark、Savvis等のクラウドインフラベンダに共通している課題である、と想定され、今後の推移注目する必要がある。

Rackspace Hits 100000 Customers – Data Center Knowledge
http://news.google.com/news/url?fd=R

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: