[#SmartGrid #スマートグリッド] MSの行った調査によると、世界全体でスマグリを実装しているのはわずか8%のみ。半分はまだ全く手つかずの状態

Microsoft社が行った調査の名前は、Microsoft Utility Industry Survey 2010と呼ばれる報告書に
纏められている。

何故、スマートグリッドの普及が遅れているのか、T-Mobile社のJohn Horns氏が分析した結果によると、ユーティリティ会社が、スマートグリッドのネットワークインフラにをプライベートで構築すべきか、それともテレコム業者が提供する公共の派ブリックネットワークインフラに採用すべきか、という判断において、まだ明確な結露が出ていない、という点に理由があるのでは無いか、分析している。

電力会社の大手は既に自社のAMIネットワークを構築しているケースもあれば、WIMAX等のインフラを採用する事を表明している所もある。 一方では、テレコム業界は、スマートグリッドの向けのネットワークを提供すべく、主要メータメーカとの戦略的協業を目指す動きが目立つ。

プライベートネットワークのリスクについてとくに言及している(おそらく著者がテレコム業界の人間であるから)。 次の様な点が問題となる、との事。
(1) テレコム業界で常に行われているが技術革新のスピードについていけず、
最終的には旧世代のネットワークを運用せざるを得なくなる。
(2) プライベートネットワークではどれだけのネットワークスピードを確保すべきか、
判断が分かれている。 
(3) 稼動率についても公共ネットワークの方がはるかに厳しい基準で運用されている。

次の様な点が図が、筆者の述べるプライベートネットワークスマグリネットワークと、パブリックのネットワークの違いについて説明している。

 

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: