[#Cloud #クラウド] SaaSアプリの市場をわかりやすく説明したブロック図: だんだんクラウドインフラが見えてきた

SaaS市場が今後どの様に成長していくのかを分析した興味深いレポート。 
各社が打ち出しているクラウド環境を、
構造的に分類し、それぞれのアプローチを説明したのが下記の図。

Cloud Stack “Half Stack” Cloud Silo
Operations Management SaaSGrid Force.com, Quickbase
SaaS Middleware Microsoft Azure, Google AppEngine
On-Premises Runtimes .NET, Java, etc.
Cloud Infrastructure EC2, Rackspace Cloud,  GoGrid

クラウドスタック”loud Stack”と呼ばれる、複数のベンダーのソリューションを組み合わせてクラウド環境を構築する方法がある一方、Cloud Siloと称して一つのベンダがしたから上までのレイヤーを問ういるして提供する方法である。また、その間を行く、”Half Stack”と呼ばれる、

一社がレイヤー構造の一部を提供するビジネスモデルのものもある。  

ここで議論されているのはそれぞれの優劣

無く、SaaSアプリケーションを開発する立場からみてどの構造が有利で、それが問題があるのか、という事について分析している。

上記の表を見てすぐにわかるのは、Cloud Silo型のビジネスモデルはアプリ開発者にとっては非常に使いやすい環境が整っている、という事ができる一方、単一ベンダにロックインされる危険性が伴っている事がわかる。 一方ではCloud Stack型のモデル、複数のベンダーが入り混じった環境の中での開発は選択の幅が広がるメリットはがありながら、最適なソリューションを見出すために労力を費やす必要がある、という事ができる一方理解できる。

今後どの様に、市場が形成されていくのか注目の必要がある。

http://feedproxy.google.com/~r/SaasBlogs/~3/Wgmpi0Ycu8k/

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: