[#SmartGrid #スマートグリッド] EnerDel社が伊藤忠と組んで、EV向けの中古電池をスマートグリッドへ適用する実験を行なう。高価な電池の二…

電池メーカであるEnerDel社が伊藤忠等、日本企業とと協業し、EVの充電ステーションの実証実験を行っている。

参加した企業は、伊藤忠の他、マツダ自動車、ファミリーマート、等。

EVで使用されたEnerDel社の中古の電池を採用し、二時的市場にとしてこの電池を充電ステーションのコンポーネントしてスマートグリッドに採用できる事を実証しようとしたもの。

合わせて、この充電ステーションでは太陽光発電装置、高速充電設備、ICカードによる決済機能、電池の充電状況をリモートで確認できるシステム、電力供給ユーティリティから電池への電力エネルギーの移動を管理するシステム等、様々なシステムで構成されている。

EnerDelとしては、電池の二時的な市場の開拓に大きく寄与する実験として評価している。

“The integration of rapid charging, smart grid and electric vehicles is a crucial step in the transition to clean, efficient, low-carbon energy and transportation systems, and something that countries all over the world are moving toward. This project also demonstrates how critical a secondary-use strategy is in unlocking economic value that becomes a key driver for the EV battery industry.”

、とEnerDel社のCEO、Charles gassenheimer氏がコメントしている。

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: