[#Cloud #クラウド] 米国政府のサイト、Recovery.gov がAmazon Web Service EC2に全面移行:政府各省庁のクラウドの…

US Recovery Accountability and Transparency Boardと呼ばれる組織が Recovery.gov というWebサイトを昨年の2月から運営しており、今日の発表において、そのサイトをAmazon Web Serviceにすべて移行する事を明らかにしている。 

このサイトは、Recovery Acyと呼ばれるObama大統領が進める様々な政府各省庁のの金融救済プロジェクトにおいてその助成金や援助金がどこに支払われていて、どの程度の寄与(職の増加か、等)しているのか、という統計情報をかなり悩んでいます細かく説明し、税金活用の透明性を証明するサイト。

サイトはここ

Smartronix社というSI事業者がプライムコントラクターとしてプロジェクトを受注し、いわゆるパブリッククラウドに移行した政府のシステムとしては初めてのもの、との事。 

この移行によって、2010年度の予算に対して、$75,000もの節約を達成、さらに2011年度は$42,000の節約を達成する事ができる、と発表した。

さらにクラウドへの移行により、組織内のITスタッフのリソースが解放され、Recovery.gov のコンテンツによりしゅうちゅうした作業を行う事ができる、というメリットが大きいと報告している。 

もう一つの利点として、Amazonにサイトの管理業務を委託する事によってセキュリティの教科につながる、と述べている。 Amazonは政府向けのクラウドへのシステムについては、特殊なアーキテクチャを提供している。

米国のクラウドコンピューティングの市場において、アメリカ政府は最大の顧客であり、もっともも重要視すべきセグメントである事はクラウド関連各社の動きで明らかになっている。 それぞれ具体的な動きを見せ、特殊な政府期間が求める、セキュリティの強化、モバイルも含めたアクセス、レガシーシステムとの連携、もしくは統合/移行等の要求に応えるための施策はかなり悩んでいます積極的に行われていて、各社が接地しているWashington DCのオフィスを中心に雨後機が激しい。 

政府でのクラウドソリューションの採用はひいては州政府、民間への浸透に直結し、政府で実績をあげている企業は非常に簡単な設定で有利な位置づけを得る事ができる、という事もあり、こういった政府でのクラウドの採用実績については、注意深く観察することが重要である。

Amazon Helps U.S. Government Move to the Cloud – eWeek

http://news.google.com/news/url?fd=R

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: