[#DataCenter #データセンタ] Opera Software社のブラウザー運用やデータセンターをアイスランドに建設、コンテナ技術をフルに採用す…

A map of undersea fiber cables providing connectivity for data center projects in Iceland.

以前から、アイスランドにデータセンターを建設する、という話題は業界に多く、国としての有地の活動も活発であった。 昨今の経済状況、特ににアイスランド自体の経済問題が影響してその動きがかなり遅くなった、と言われているが、最近になって、その動きがまた出てきている様である。

Operaと言われる、オープンソース系のブラウザを開発している、Opera Software社の発表によると、アイスランドに自社のデータセンターを移したことを表明している。

場所はHafnarfjorourと呼ばれる街で、Thor Data Center社が運営している最新型のデータセンターとのこと。 

Operaは、現在は約1.1億ユーザおり、今回のデータセンターは、これらのユーザに対するサービスを提供する位置づけ。 

データセンターは、同じくアイスランドのテレコム企業である、E-Farice社の引いた海底ケーブルを介してこれらのユーザに対するサービスを提供し、また、データセンターの運営に必要な電力は、全てフリークーリング技術を採用する、とのこと。

コンテナ技術をフルに採用する事も決定しており、スペインの会社である、AST Global社の技術が採用されている。

供給電力は、アイスランド全土から生産出来る地熱発電を利用している。

先日起きた、火山の爆発が心配されるが、火山灰の影響を最も受けない活火山地域の西側の土地がデータセンターのロケーションとして選ばれている。(偏西風の影響で火山の西には火山灰は行かない)

Opera Plans Container Data Center in Iceland

http://feedproxy.google.com/~r/DataCenterKnowledge/~3/srVsyj6moQw/

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: