[#SmartGrid #スマートグリッド] General MotorsとGoogleの協業についての分析記事:Androidを軸に自動車とインターネッ…

GMがGoogleと組んで、スマートグリッド事業に力を入れている事は話題になっているが、単なるEVの充電技術の最適化だけではなく、より広い範囲での競合を通して、自動車とインターネットを繋げた新しいプラットホームを狙った戦略である、という事を分析した記事。

その中核になるのは、Googleの開発したモバイルフォン向けのAndroid OSをベースとした様様なアプリケーションである、とされている。

既に、次のような製品が登場している;
1) Continental AG社がAutoLinQという製品を開発、Android OSを採用した車載型のハード・ ソフトデバイスとして自動車業界で発表
2) 中国の自動車会社、SAICがRoewe 350というモデルを発表、Android 2.1を採用したインフォテインメントシステムを搭載している事で話題に。

Androidはそのオープンである事から、上記の様な車載型のデバイスに採用される傾向がある、と言える。一度車載されれば、電池に関する情報のみならず、自動車の運転状況、
性能情報等、非常に広い範囲のデータ収集、ネットワークを介した処理ができる様になる。

とは言え、Googleが独占している訳で話すく、Microsoftや、QNX Software System社等の選択もあり、競争は激しくなっている。特に、Microsoftは、既にFordとの連携、さらにエネルギー管理ソリューションとしてHohmをすでに提供している。

QNX社は、GM社のOnStarシステムに技術を提供しており、さらに車載型のReal Time OSも開発している。同社は、Research In Motion社に買収されており、BlackBerryと自動車の連携技術をの開発に注力している。

Why Google’s Android Could Rule Connected Cars

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: