[#SmartGrid #スマートグリッド] アメリカは他国と比較してガソリン価格が安いため、EVの導入が遅れる、という予測

調査会社であるPike Researchによると、他国と比較したアメリカ低いガソリン価格がEV導入の売り上げにマイナスの影響を与える、という予測を出している。 

絶対的な人口量と、昨今の経済の伸びもあって、中国が最もEV市場が育つとされている。 予測によると、2015年には25万台の販売が見込まれている。驚く事に、ヨーロッパの様に人口が比較的少なく、家庭の充電設備が十分に無い、と想定される地域でも、アメリカでのEV市場を超える伸びが予測されている、という事である。

各国のガソリン価格を比較した表が下記の通り。アメリカのガソリン税率が低いため、世界で最も価格が低い国である。 元々ガソリン車にかかる燃料コストが世界でもかなりの低いため、EV導入による家庭でのコスト削減効果も非常に低い、というのがこのレポートの論点である。世界各国でのEV導入によるコスト削減効果は節約が約$2000にのぼる中、アメリカでは$800程度しか達成出来ない、
と計算している。

国によっては、CO2排出に関する税金を導入する等、EVへの移行を促す施策を展開するケースも多く、おそらく米国でもガソリン税の引き上げや、Carbon Taxの様な追加税金等の登場が想定される。 既に、EV購入のための補助金制度が展開されているが、上記の様に毎年かかる維持費(ガソリン代対電気代)のギャップに着目した政府の対策が登場する事が想定される。

Resources: AA Ireland

Pike Research » Blog / Mon, 24 May 2010 20:45:43 GMT

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: