[#SmartGrid #スマートグリッド] エネルギー貯蔵技術:ユーティリティにとって様様な選択するがある、という調査

Lux Research社が、エネルギー管理事業貯蔵技術についての調査を行い、目的によって様々なソリューションを使い分ける必要がある、という結論を出している。

現在、エネルギー貯蔵は様々な種類が登場している。電池技術、圧縮空気、氷、フライホイール、揚水、等をはじめ、広い範囲の素材が適用されている。

調査によると、エネルギー貯蔵のアプリケーションは次の3つの分野に大きく分類される、としている。
1) 電力源から遠く離れた都市部
2) 制限があまり多く無い、環境保護意識の高いコミュニティ
3) 閉じた地域の中でのマイクログリッド
それぞれの地域によって、最適なエネルギー貯蔵のソリューションが大きく異なる事をレポートで報告している。例えば、空調などによる消費電力比率が非常に高い平均温度の高い都市部などでは、氷を利用した蓄電ソリューションが適しているとしている(Ice Energy社等)。一方では、グリッドの電力供給の安定化が大きな課題である場合は、リチウムイオン電池が最適な選択になる、としている。

総合的に評価して、エネルギー貯蔵の市場はまだ黎明期で、新しいビジネスモデル、新しい技術がまだまだ登場する中可能性が高い、とされている。

Energy Storage: One Size Does Not Fit All http://bit.ly/cKU1Ac

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: