[#SmartGrid #スマートグリッド] SmartSynch, Silver Springs社等がテレコム業者と組み、公共ワイヤレスネットワークを使…

テキサス州の電力会社、Texas-New Mexico Power(TNMP)社が自社のスマートグリッドとしてSmartSynch社とAT&T社と組み、10,000件のスマートメータ設置プロジェクトを開始すると発表した。このプロジェクト、公共のワイヤレスブロードバンド回線を利用した最初のスマートグリッドプロジェクトとして非常に関心を集めている。このプロジェクト、最終的には231,000台のスマートメータを設置する計画である。

テレコム業者を含めたスマートグリッドプロジェクトとしての最大のメリットは、既存の無線ネットワーク回線を採用するため、初期投資が少なくて済む、という点が大きい。さらに、技術サポートや長期的なエンハンスについても信頼性が高い、という点がある。Silver Springs Networks 社も同様の提携をAT&Tと結んでいる。

もちろん、公共のネットワークにスマートグリッドシステムで収集した情報を乗せるのはセキュリティ上問題がある、と指摘する電力会社もあり、意見が分かれくるところである。大手のユーティリティ会社は主として自社でネットワーク回線を敷き、独自のブロードバンド事業等を含めたビジネスを構築するケースがあるが、小規模のユーティリティ事業者は、公共回線をリースした方が安く済む、という分析が出ている。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: