[#SmartGrid #スマートグリッド] CO2削減の新技術:自動車のアイドル時にエンジンを切る技術:17%の燃料消費削減が可能!

Integrated Starter/Generator(ISG)と呼ばれる技術に注目した調査報告が登場し、自動車の燃料商品削減に寄与する、という期待が高い、という内容で注目を集めている。

ISGの定義は次の通り;
“These are conventional vehicles powered either by gasoline or diesel engines in which the 12-volt starter motor has been eliminated and a specially designed, belt-driven integrated starter/generator, or ISG, has been installed in place of the conventional alternator. While the ISG of a micro hybrid cannot help to propel the vehicle, it can provide two important hybrid features. First of all, a micro hybrid will feature idle stop. Engine control circuitry is included in a micro hybrid which will shut down the internal combustion engine when the vehicle is at rest. This feature alone can improve fuel economy by 10% to 15% in city/urban driving environments. The electronic control system in a micro hybrid can also control the charge cycle of the alternator so that it produces electricity to recharge the vehicle battery primarily during deceleration and braking. This provides a mild amount of regenerative braking and an additional gain in efficiency.”

ISGとは、通常自動者に搭載される12Vのスターターモータの代わり設置され、次の2つの機能を発揮する。
1) 自動車がアイドル状態の時に自動的にエンジンを止め、特に街中での運転で多いアイドル時のガソリン消費を無くそう、という狙い。都会での運転で10%~15%の燃費向上が期待される。
2) ブレーキを使用する際に、そのエネルギーをエンジン始動に使用する電池の充電に回し、電池の充電に効率を良くする。

このISGは、一般的にはStopーStart Systemとも呼ばれ、General Motors 社のプレゼンテーションにおいては、17%近くの燃費向上が達成できる、都報告している。
5.28.10 GM Efficiency.png

ISGは、完全にガソリン依存から脱却する画期的な発明では無いけれど、コンポーネント価格に対する燃費効率の割合からみると非常に有効な技術である、という評価を受けており、とある予測では2015年までにはISGを装備した自動車が2000万台登場する、としている。

自動者業界では少しずつ導入を図っており、通常はほかのコンポーネントの一部として提供される事になる様子である。 BMW社は、既にEfficient Dynamicsと呼ばれるパッケージを提供開始しているが、これにISGが含まれている様子。
広範囲での実現についてはいくつか課題があり、もっとも大きいのは過度のエンジンスタートに際してスタータバッテリーがその負荷に耐えられるかどうか、という問題である。 一日に何十回もエンジンをスタートさせると、スタータバッテリーの充電効率が急激に下がる事と充電に必要なエネルギーが急激に増える、という2点の問題の顕著である。

下記の表はJournal Of Power Sources という業界誌が行った様々な電池技術を利用したISG機能の比較で、それぞれの電池の充電に種類によって耐久性が異なる事と、一度限界を超えると急激に電池の機能が低下する、という実験結果が発表されている。
5.28.10 Ultrabattery 1.png

次の各社がISGシステムとそれぞれの付随する高機能バッテリーを製造しているベンダーの代表であり、今後の注目したする必要がある。

  • MeadWestvaco (MWV), a packaging material and container manufacturing company that is developing carbon additives for the lead pastes used in ISS batteries;
  • Maxwell Technologies (MXWL), which has teamed-up with Continental AG to develop storage systems for stop-start applications that use supercapacitors in tandem with conventional lead-acid batteries;
  • Furukawa Battery Company (Frankfurt – FBB.F), which licensed the Ultrabattery from CSIRO and then sublicensed North American manufacturing rights to privately held East Penn Manufacturing Company, the recipient of a $32.5 million ARRA battery manufacturing grant award in August 2009;
  • Axion Power International (AXPW.OB) a manufacturer of lead-acid batteries that has built a formidable patent position in lead-carbon technology and teamed-up with Exide for the commercialization of its PbC® battery-supercapacitor hybrid; and
  • Exide Technologies, Inc. (XIDE), a leading global manufacturer of lead-acid batteries that has teamed up with Axion and was awarded a $34.3 million ARRA battery manufacturing grant in August 2009.

[Link] http://www.altenergystocks.com/archives/2010/05/stopstart_idle_elimination_slashing_fuel_consumption_by_up_to_17_1.html

Sent from my iPad

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: