[#SmartGrid #スマートグリッド] GMのEV戦略はSUVの売上を増やすための道具?

Chevy Voltと呼ばれる、GM初の量産型EVの予定生産量が異常に少ない、という指摘からこの噂が飛び交っている。

初年度の2010年は数百台、2011年には数千台、2012には6万台、と他のガソリン車と比較しても少ない状況が公表されている。 ましてや、燃費の悪いSUV系の自動車の生産台数と比較しても非常に低いと言える。

実のところは、CAFE Ruleと呼ばれる法律があり、自動車会社が販売する自動車の平均燃費に規制(35MPG)がかけられているため、重要が未だにあるに関わらず、SUVの生産台数を抑えているの実情。 Voltの登場によって、このオフセットができるようになり、SUVからの売上を増加できる、という皮肉な戦略である。 厳密に言うと、Volt一台の販売あたり、6台のSUVが追加で販売できる、という計算である。

まだ発表されていないが、Voltの価格が高い、という事も指摘されている。 関係者の話によると、日産のLeafよりかなり高額に設定し、Caddilac級のになる、という話である。 高額な電池を採用している、というのがどうも原因の一つとして指摘されている。

Posted via email from Ippei’s @CloudNewsCenter / @SmartGridCenter info database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: