“What Android is to smartphone operating systems, we want OpenStack to be for the cloud,”
「AndroidがスマートフォンのOSとして達成しようとしている事を、OpenStackはクラウドで達成しようとしている。」

IT業界においてハードウエア仕様、通信プロトコル、OS仕様、等が業界標準化されていったように、IaaSインタフェースもいづれはCommodity化される運命にある、という事を業界は以前から予測していた。Rackspace社が狙っているのは、AndroidがiPhone OSの牙城を切り崩すためにオープンソフトウェアのモデルを導入したように、OpenStackをもって独自仕様のAmazon Web Serviceの市場をきり崩そう、という狙いなのでは、と考えられる。  

もう一つ、Moorman氏がコメントしている事が非常に興味深い。

“We were forced to invest in the (cloud) platform, whether through buying or investing in development resources,”

「我々は、強制的にクラウド事業に投資をする事を強いられた。」

また、さらに、

“We want access to technology, not to create technologies,”

「我々のビジネスモデルは、技術を利用する事によって付加価値を生む事であって、技術を作る事では無い。」

これは、クラウド事業に取り組んでいる、日本のITメーカー、SI事業者、ホスティング事業社全般にも当てはまるジレンマなのでは無いか、と想像される。
という事であれば、OpenStackは非常に有用なソリューションの一つとして考慮すべき技術である、という事が出来るのでは無いか、と思うところである。

少なくとも、今からAmazon対抗のクラウド事業にインフラを開発する、という計画はあまり現実的な解では無い、という事ができる。