[#SmartGrid #スマートグリッド] GoogleがC-Block無線帯域の買取入札、独自AMIネットの構築、壮大なスマグリ戦略の予感?

Googleのスマートグリッドに対する取組は今の所単発の投資、事業戦略の立ち上げ、等、今ひとつ全体像が見えなかった状況であるが、少しずつその方向性が見えてきている、というCleantech.comの分析記事。

Powermeterという家庭向けのエネルギー管理ソフトウエアサービスのWebサイト運用、電力の売買権をGoogle Power社を通して取得した、という事、さらに風力発電技術をもつMakani Power社等への投資が今のところGoogleが具体的に起こした動きであるが、どうも戦略の全体像が今ひとつ見えていないのが悩みであった。

しばらく前から、GoogleがFCCの統括する公共無線の帯域の内、C-Blockと呼ばれる周波数帯域の使用権を取得するための公開入札に応募していることが明らかになり、AT&T社、Verizon社と並んで競合している。この周波数帯域(White Spaceとも呼ばれる)は、北米のテレビ放映がアナログからデジタルに移行した際に解放されることのなった帯域で、山間部等の地方でも効果を発揮する周波数特性を持っている。

今週になって、GoogleがSpectrum Bridge社やPlumas-Sierra Rural Electric Cooperative & Telecommunications(PSREC)社と共同で、この周波数帯域を利用したAMIシステムを開発している、ということが発表された。


プレス発表記事はここ:

http://www.spectrumbridge.com/Libraries/Press_Releases/Nation_s_First_Smart_Grid_White_Spaces_Network_Trial_June_23_2010.sflb.ashx

プレスリリースの内容によると、PSREC社は、GoogleのPowerMeter技術をを利用し、この無線回線を介してエネルギー消費情報を転送する技術を開発した、と述べている。

“In addition, PSREC has also deployed Google’s PowerMeter technology, an energy monitoring tool that helps consumers save energy and money using information provided by a smart meter. With the White Spaces network and Google PowerMeter, consumers can view real-time detailed energy consumption data from anywhere, online.”

GoogleはこのWhite Space帯域の権利取得のための入札活動を進める一方、自社のブログではこのWhite Space帯域に対する同社のスタンスを表明している。

“For quite some time we’ve been talking about the potential of the unused airwaves between broadcast TV channels (“white spaces”) to provide affordable, high-speed wireless Internet connectivity nationwide. For this to happen, the Federal Communications Commission (FCC) must allow unlicensed use of this spectrum.  If you care about the future of the Internet, now is the time to take action. The FCC has completed its field testing and is expected to make a ruling in the coming months. With this in mind, today we’re launching Free The Airwaves, a new effort to bring users together around this important issue.”

このブログ内容によると、Googleの主張は、この周波数帯域を無線のインターネットに利用する目的で自由化すべき、という内容である。その活動を総称して”Free The Airwaves”という名前のプロモーション活動を行っている。この活動は、今日の北米の無線インターネットは限られた数のテレコム企業に半独占状態にある、という事を問題視している事に起因している。

Googleの真の目的は、エネルギー事業での本格的な参入にあるのでは、というのがCleantech.com誌の予測で、今後Googleがどの様にAMIシステムをこのWhite Space帯域に実装して行くのか、関連するスマートメータ製造業者との連携、HEMソリューションとの連携、HANを採用する家電品メーカとの連携、そして最終的に電力事業者とどのような形で競合、もしくは協業していくのか、今後注意深く見て行く必要がある。

独自のAMIネットワークを取得する事が出来ると、全米の電力事業社に対するスマートグリッドのソリューションを提供する事が出来る上、自社のPowerMeterサービスを組み合わせる事によって家庭内のHEMシステム、HANデバイスとの連携を合わせてソリューション化する事が出来る、というのがGoogleの狙いであるのでは、と分析出来る。要するに、電力事業社に対するスマートグリッドソリューションのOne Stop Shop的な事業を構築し、電力事業社の囲い込みを狙っている、という考え方も出来る。そのためには全国規模のAMIネットワークを自前で持つことが重要な戦略の一つになる、という事は容易に想像出来る。

http://blog.cleantech.com/sector-insights/smart-grid/google-frees-the-smart-grid-airwaves/?mkt_tok=3RkMMJWWfF9wsRonuqzPZKXonjHpfsXw6e8lULHr08Yy0EZ5VunJEUWy2YICTw%3D%3D


The effort was a tangential extension of the company’s strong open access initiatives which had targeted wireless carrier’s stranglehold on customer selection of mobile devices.

There is clearly an analogous, emerging Google theme in the energy space around open access to data that involves more than a pretty user interface for your utility bill.  As the utility AMI world continues to fret over network technology decisions (i.e. private RF mesh or WiMax networks vs. public broadband networks), Google seems to be a very interested party.  Much like its headfake on purchasing telecom spectrum was enough to ensure open access to a variety of devices, the company certainly seems to have a method to its madness.  The team at the Googleplex has something up its sleeve in the energy world and it is well worth keeping our eyes on.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: