[#SmartGrid #スマートグリッド] Trilliant社、ABB、GE、他VC系から$1.06億ドルの資金を調達:スマグリ=ネットワーク


スマートグリッドのネットワーク市場に投資が急激に集まっている。
今週スマートグリッド市場に集まった投資は、今季全体に集まった投資額を超えている、という状況である。その牽引役になっているのは、GEが発表した$2億ドルの出資に引き続き、Trilliant社が調達した$1.06億ドルに及ぶ投資である。

Trilliant社に投資したのは、ABB社とGE社、さらにInvestor Growth CapitalとVantagePoint Venture Partnersである。

Trilliant社はカリフォルニア州、Redwood City市に本社をおくベンダーで、1985年から事業を行っている。今回の投資は2008にVCから調達した$4000万ドルに続くもので、一挙にスマートグリッドの主要AMIベンダーとしてSilver Springs Networks社等と対抗するベンダーに成長する資金を得た事になる。

主要な顧客として、カナダのOntario市のスマートグリッド市場自体にグリッドシステムがある。Hydro Oneとよばれる水道局事業社が80万台のスマートメータの設置を行っており、そのネットワークとしてTrilliant社の技術が採用されている。来年には台数が1.1億台に達する予定である。さらに、最近、Central Maine Power社(メイン州)のスマートグリッド導入プロジェクトとに採用され、61万世帯を対象としてシステムを導入する事が決定した。

投資に合わせて、事業の拡大を促進するために、投資元であるABB社とGE社との今後のパートナー事業戦略が期待される。既にいくつ家のスマートグリッドプロジェクトに対して3社の協業で入札している案件があるとの事。

Triliant社の特徴は次の通り:
1) Silver Springs等の競合と異なり、2.4GHzの周波数を利用したネットワークを使用している。Silver Springs社が採用している900MHzの帯域と異なり、データ転送能力が非常に高い。 公表値では、一家庭あたり、256kbpsの速度、さらにWANにおいては、54Mbpsの性能を出せる、との事。ABBやGEが注目しているのはこのスペックと言われている。

2) All-In-Oneシステムがあるである、という事。一社のソリューションでもってコンソール、ネットワークとの統合が行う事が出来るのは、システムがあるデザイン、導入の速度を早める効果がある。Trilliant社もソリューションの拡大のために、SkyPilot社の買収も行っている、という経緯がある。

http://earth2tech.com/2010/07/15/trilliant-raises-a-whopping-106m/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+earth2tech+%28Earth2Tech%29

http://techcrunch.com/2010/07/15/smart-grid-company-trilliant-scores-106m-in-funding-next-up-an-ipo/

http://news.cnet.com/8301-11128_3-20010603-54.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: