[#SmartGrid #スマートグリッド] PriceWaterHouseCoopersによると、スマートグリッドの成長は政府の助成金に大きく依存してお…

PriceWaterhouseCoopers LLPが発行したレポートによると、ユーティリティ業界とエネルギー生産業界におけるM&A活動はさらにに活発化する方向にある、と報告しており、その大きな要因は、政府が市場に投入する様々な助成金や融資に加え、スマートグリッドの技術の進歩、という2つのキーポイントにある、と分析している。

2010年2QでのM&A案件の総金額は、同年の1Qと比較して14%伸びており、その中で$5000万ドル以上の買収案件は38%の伸びを示している。

しかし、今後この傾向が継続するか、という事に関しては、少し慎重な分析がでている。 こういった買収によってスマートグリッドの普及が促進されるのであれば、当然投資はさらに集まるだろうが、想定以上の成長が見込めない場合には、状況が変わる可能性も大いにある、としている。  

Obama政権の元、代替エネルギー、スマートグリッド、エネルギー貯蔵技術、新燃料技術、等に対する投資は非常に積極的に行われてきているが、最近はその効果が果たしてでているのか、という疑問の声も少しずつ大きくなってきている。 この動きも出てきている中、政府からの資金流入は以前ほど潤沢に行われない可能性があり、業界内のベンダー統合等、
Consolidationの動きが激しくなってくる可能性がある。   
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s